Home Station

心のアルバム 一番に出てくるのは
大切な思い出より ありふれた瞬間の残像で
ぼやけたシーンに 流れる手ばなしの愛
いつだって包むような あたたかい存在たち

あなたを今も遠い町で思う人

家路を急ぐ波に 何故だか乗り遅れて
小さな迷子のような顔で 動けずにいるのなら
あと何本か見送って その時間をここで過ごそうか
悲し気な今日のページ 優しいぬくもりが灯るまで

ぽつりぽつりと、つぶやいたくちびるから
やわらかな記憶の点 まるで慈しむように

きっとここまで来る間もそうやって

一人じゃないんだって いつもはわかってても
時々崩れそうになること 言えなくて辛いなら
あなたを心配する役 これから先引き受けていこう
新しいそのページで交わす「おかえり」を、この場所で

家路を急ぐ波に 何故だか乗り遅れて
心細い迷子のような顔で 動けずにいるのなら
また何本か見送って その時間をここで過ごそうか
悲し気な今日のページ 優しいぬくもりで溢れるまで