腕に虹だけ

強がり生きてくしかないね
絶望するのは たやすいが
淋しくて 一人笑うと
街の灯が一緒に笑う
昔 いつもお袋がそばにいた
人生は夢の中の夕立ち
光もいらない やすらぎもいらない
愛もいらない 腕に虹だけ抱いて

笑いとばすしかないね
一番暗い 夜明け前
泣きたくて 一人笑うと
自分にさえも見栄を張ってる
昔 親父に殴られたあの頃
人生は夏の夜のうたた寝
女もいらない ぬくもりもいらない
花もいらない 腕に虹だけ抱いて

昔 祭り好きな子供だった
人生は咲きながら散る桜
眠りもいらない なぐさめもいらない
酒もいらない 腕に虹だけ抱いて