情炎三つの物語

恋の深川 男のために
罪を犯した お梅の運命(さだめ)
惚れた男の 名を呼びながら
河岸の柳に 夜風がからむ
明治一代 一代女
演歌情炎 三つの物語

切れろ別れろ 芸者の時に
そんな啖呵は お蔦(つた)の意地か
今も名残りの 町並風情
恋も未練も 恨みに変わる
婦(おんな)系図の 色恋模様
演歌情炎 三つの物語

生まれ育った ひとつの時代
めぐり逢うのも お吉の運命(さだめ)
次は私の 番だと云って
死んだお吉の 人生哀れ
下田港の 黒船騒動
演歌情炎 三つの物語