ちいさなメッセージ

星達が輝く夜空を 祈るように見上げた
誰もみな 同じ悲しみを かかえながら 生きてるの

人を愛するほど なぜか切ないね いつも

寂しさや孤独から 解き放ってあげたくて
眠る横顔にそっと 息を止めて くちづけた

幸せを 求めて彷徨う 旅を続けることは
この星に生まれたときから 与えられた運命(さだめ)なの

揺れる想い抱いて 歩き続けてく あなた

前向きに生きるため 傷ついたそのからだを
この胸にだきしめる 永遠の愛とともに

月が必ず空に 舞い戻ってくるように
少し離れていても あなたを 見守っている

必ず見守っている