桜散る季節に僕らつないだ手を離した
柔らかい日差しが君と僕を遮った
無理矢理に肩をつかんで君を引き留めてしまえばよかった

桜よ離れていく花びらをどんな想いで見送るの?

眩しそうに目を細める君がにじんでゆがんだ
泣いていたのかなそれとも笑ってたかな
空っぽの君の心の中に僕のかけらを探した

塞ぐよ君を困らせる言葉こぼれそうだから
春の優しい風にさえも散ってしまうならどうして咲くのだろう

君の優しくて悲しい嘘を信じられたなら今でも

全てが僕の全て君だったどうしようもないほど
桜よ離れていく花びらをどんな想いで見送ればいい?
どうか散ってしまわないで
桜よ

桜散る季節に僕らつないだ手を離した