おもひでの空

あぁ 昨日と同じように
ぬるく淀んだ空気が怠い

ホント散々なんだよ
眠れないで ダラダラ
地べたに這いつくばって…

また昨日のペーストで済ます
くだらない自分のダイアリーをめくる

毎日に嫌気が差して
僕はつい逃げたくなる
そんな時は遠い空を見て
この手をかざすよ

昔みたいに僕を抱き上げてくれたら
ありったけの笑顔で甘えてみたい…なんてね
本当は ちょっぴり背中を押されたいだけ
神様、もう一度だけ会いたいな…

長い一日を終えて
パンパンの電車に
自分も身体を詰め込む

誰かの為じゃなく僕の為に走ってる
わかってはいるけど 辛いから
この手をかざすよ

空を泳ぐ雲を掴むような僕の夢
神様、もう少し見ていてよ…

昔みたいにしゃがれた声で僕を呼んで
皺くちゃのその手で抱き締めてよ…なんてね
本当はもう二度と会えないの知ってるんだよ
神様、いつまでも僕を見ていてね…