涙の酒

男一途の火の恋を
なんで涙でけされよう
未練ばかりがただつのる
夜の暗さを はしご酒

浴びておぼれてなお酔えぬ
酒のにがさをかみしめる
露地の屋台の灯(ひ)にさえも
男心が 泣ける夜

涙ぐんでた あの顔に
なんで嘘などあるもんか
噂なんだぜ 噂だと
胸にきかせる はしご酒