おさらば故郷さん

花の都で せつないときは
いつも偲んだ 山川なれど
さらばおさらば ふるさとさん
逢いに来てみりゃ 風吹く村よ
いまじゃいまじゃいまじゃ 甘える
ああ 親もない

手紙おくれと 叫んだ人の
心変りを うらみはせぬが
さらばおさらば ふるさとさん
野菊こぼれる 谷間の駅に
せめてせめてせめて 涙を
ああ 置土産

片手ふりふり あとふりかえりゃ
ホロリ灯りが 見送る村よ
さらばおさらば ふるさとさん
つらくされても 生れた土地にゃ
逢って逢って逢って 泣きたい
ああ 夢がある