明日からふたりは

ねえ 三年の月日がすぎて
ふたりは少しずつ大人になった
いくつも涙をぬぐいあったあと
見上げた雲の切れ間をわすれない

認め合うことが さよならにもなる
あなたと出逢えて本当によかった

明日からふたりはひとつずつ
えらんだ違う花 育ててくの
最後におねがい 一度だけ
あの日と同じようにきゅっと抱いてよ

「ほんの五分でいいのよ」

ねえ いつだって頭をなでて
泣き出すあたしの横に居てくれた
不安も焦りもけしてくれたのは
あなたのやさしい温度だけだった

真っ直ぐに向いて 話してくれたから
あなたの未来も愛せるのよ

明日からふたりはひとりずつ
想い出の写真を胸にしまう
いつかまた逢うその日には
もう一度撮らせて きっとわらえる

見送る背中が ちいさくなっても
すぐそばに声は響いたまま

明日からふたりはひとつずつ
えらんだ違う花 育ててくの
最後に目を閉じ この日々と
きゅっと触れ合ったならば

明日からふたりはひとりずつ
想い出の写真を胸にしまう
いつかまた逢うその日には
もう一度ゆるして そっと泣かせて

「ほんの五分でいいのよ」