叱らないでね

あなたの腕を 枕に借りて
うたたねしてみたい 一度だけ
真夏の海は はじらう季節
ちょっぴり潮風が いい匂い

女の子だから 何気ない
言葉や仕草で 泣きたくなるの

叱らないでね 私の恋を
あなたにわがままを 言いたくなるの

あなたの髪に 両手をまわし
眼かくししてみたい 一度だけ
真夏の海は まぶしい季節
ギラギラ太陽が 肌をやく

女の子だから 何気ない
言葉や仕草で 泣きたくなるの

叱らないでね 私の恋を
あなたに意地悪を してみたくなる