雨に願いを

雨は降り続く 水色にすべてを溶かして
ビルの陰で濡れて ふるえる私
街は暮れなずむ 薄もやの両手を広げて
何処にいるのあなた 姿も見せない
道を見失なって 迷う小犬みたいに
私は ひと足も 動けないの
話をさせて 話をさせて あゝもういちど
ふたりにさせて ふたりにさせて
雨・雨・雨 私たちを

雨は降り続く 容赦なく躰を叩いて
泪さえもとめて たたずむ私
人は遠去かる 哀れみを背中で示して
何をしたの私 あなたにそむいて
黒い水たまりに 沈む小石みたいに
私は悲しみに しばられている
話をさせて 話をさせて あゝもういちど
ふたりにさせて ふたりにさせて
雨・雨・雨 私たちを

話をさせて 話をさせて あゝもういちど
ふたりにさせて ふたりにさせて
雨・雨・雨 私たちを