それが本当なら

とめどない退屈を蹴散らして
僕らは何かしら見落としてきたのだろう
風に舞う木の葉のような心
持て余して過ごした 苛立ちの若き日よ

傷も夢も薄れるものか
答えてくれよ

「確かなものなど何もない」という
それが本当なら 今すぐ抱き合おう
この世にひとつの 月並みな愛が消えてしまわぬよう
消してしまわぬよう

絶え間ない新しく吹く風に
相変わらず心は木の葉のように舞う

かすかに光る一粒の星
見上げてしまう

「友よ答えなら風に吹かれてる」
それが本当なら 今すぐ出かけよう
陽の当たる道に隠された罠をくぐり抜けて行け

「満たされる事は決してない」という
それが本当でも 今すぐ抱き合おう
誰にも見えない僕らだけの愛が消えてしまわぬよう
消してしまわぬよう