初恋の通り雨

ガス燈に届くよ 降りてきた霧が
あなたを見たとたん 空もはにかんで
ぽつぽつと降りだした 甘い大つぶの雨
気のきいたプレゼント
雨やどりをしてる うしろ姿
傘を差し出して ほほえんだ

それからのことは 誰もと同じ
ふたりの傘の中 うつむいてただけ
淋しそうに「もうすぐ雨があがってしまうねと」
そんなことばに おどろいて
こんな日は私 好きじゃないわなんて
強がりいって 駆けだした

思いがけずに 恋が始まり
思いがけずに 恋は終わったの

想い出してしまう こんな雨の日は
アスファルトの路も ふたりの傘も
淡いグレイの光りの中で 輝いていた恋
なにもかも 始まりそうで
雨やどりをしてる うしろ姿に
また心 ときめかせ 立ち止まっていた