今夜ちょっとさ

一度ふくれたら もう言葉じゃ追えない
僕の愛する分だけ 君は強いけど

人が言うほどは 僕は不器用じゃなくて
ほんのタイミング ねらって君の膝のうえ

君の膝で 角を曲がって 赤い屑かごに
ほっと溜め息投げる

霧が晴れたら 僕の番だよ
今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで

何度場所を決めても 朝は鍵を捜しちゃう
楽なことだと言うけど 僕には無理みたい

離れて暮らすのは もう不自然じゃないか
ほんのタイミング ねらってずっと僕のもの

君の膝で 今日が終わりそう
回す両手はドーナッツより甘く

これは宇宙の決まりだからさ

今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで

君の膝に 貼りついたまま
僕はエジプトの まるで壁画のようさ

これは 宇宙の決まりだからさ

今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで
だからさちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで

これは 宇宙の決まりだからさ

今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで
だからさちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで