YOU

逆向きの地下鉄に揺られて
きみが見えなくなる夜は
COOLになんて ふるまえない
12:00をきみなしで 閉じたくない

破けそうなフェンスに額あてて
捨てきれぬプライド守ってる
ル−ルになんて 縛られたくない
言葉より見つめ合う瞬間(とき)が欲しい

きみを抱きしめてたい
コンコ−スをぬけだすのさ
息もできないくらい
離さない 離さない

残高が少しある通帳と
新聞をてのひらで丸めた
ル−ズでいいさ 責めちゃいけない
きみだけを ぼくだけが 求めている

泣きだしそうな きみの瞳がいい
言い出せず 戸惑う仕草がいい
だけどこんな夜 うやむやなまま
流されそうな きみがたまらないよ

きみを抱きしめてたい
肩幅も 情熱も
時代(とき)の速さの中で
きみだけを きみだけを

耳にかぶりそうな髪をふくらませ
風に吹かれて きみが駆けてくる
優しさ 厳しさ 試されない
感じる心 なくしたくない

きみを抱きしめてたい
コンコ−スをぬけだすのさ
息もできないくらい
離さない 離さない

きみを抱きしめてたい
肩幅も 情熱も
時代(とき)の速さの中で
きみだけを きみだけを

離さない 離さない