たどりついたらいつも雨ふり

疲れ果てていることは
誰にもかくせはしないだろう
ところがオイラは 何のために
こんなに疲れて しまったのか
今日という日がそんなにも 大きな一日とは思わないが
それでもやっぱり考えてしまう
アー このけだるさは何だ

いつかはどこかへ 落ちつこうと
心の置場を捜すだけ
たどりついたら いつも雨ふり
そんなことのくり返し
やっとこれでオイラの旅も 終ったのかと思ったら
いつものことではあるけれど
アー ここもやっぱりどしゃぶりさ

心の中に傘をさして
はだしで歩いている自分が見える
人の言葉が 右の耳から左の耳へと
通りすぎる それ程オイラの
頭の中はカラッポになっちまってる
今日は何故かおだやかで
知らん顔してる自分が見える