バラの恋人

いつでも逢うたびに
君の返事を待ってるのに
また今日も
いつでも逢うたびに
君のひとみを見つめるのに
わからないの

髪がゆれて バラのくちびる
すねてるようなとこも好きなのさ
いつでも逢うたびに
気になるのさ
まだ恋人と呼べない君を

二人だけでどこか遠くに
さまよいたい 手をつなぎあって
いつでも逢うたびに
僕の夢は
君のことでひろがるのさ
君のことが好きだから