雨傘物語

お釣りは無いな
出した答えに
僕は散っちゃった
君は行っちゃった

離れ離れになる雨が降って
嘘みたい 背中は遠ざかった
「あの日」は音を立てて崩れ
昨日観た映画のチケットを
ぐしゃぐしゃの2人のチケットを
静かに広げてる

不揃い町並みが
不規則第六感
愛変わらない僕は
君を探した

一つまた一つ訪れる 季節に描いた想い

半年後初めて手を繋いだ
少し強引にも取った右手
「離さない」と誓う程に
あの曲流れると思い出すよ
めちゃくちゃな僕等の足音を
もう一度聴き返す

一つまた一つ訪れる 季節に描いた想い

君の事 想わない日はないよ
「君の傘になれないままだった」
水溜まりに映る心
君が居ないだけのこの世界を
「君が足りない」と思わぬように
雨音も気にせず「あの日」に手を振るよ