青蛾月

憂いの三日月に 恋したウサギは
光の雫で からだを染めるよ
手を伸ばせば何でも 届くと信じられる

胸刺す月の針 光を紡いで
あなたを迎え飛ぶ 絨毯をつくる
唇を濡らしても 触れるのは風ばかり
独りきりの 蒼いこの世界で

天鵞絨の闇の中で 泣きながら眠る
悲しみよ夢の中で 立ち止まるがいい

感じる指先の鮮やかな記憶
あなたに逢うための 祈りを続ける
瞬きをする間 塗りかえられる景色

一人では何処へも 飛ぶことができない
遠い国へ 誘うことまでも

幾千の年月が過ぎても
あなたから届く月の便りを
ただ 待つばかり
わたしは月姫 哀しい運命の
金の文字が 瞳に沁みる
涙が零れて 止まらない

抱きしめられるたび 帰ってゆく想い
それは昔聞いた おとぎ話の中
息を潜め 美しき夜に

苦しみは森に潜む 青蛾の翅
銀粉にまかれながら 消え失せてしまえ
花に埋もれ オフィーリア わたしはここに
狂気に埋もれた夢を 取り戻すために

光に包まれて 抱かれて眠れ
悲しみよ夢の中で 凍りつくがいい