流露(TAO-REN VERSION)

いつか訪れる寂滅の刻(とき)
知っていたかのように迎え
すべてを出し尽くしたそののち
前へと倒れよう

心よ静まれ 紙一枚、踵の下へ
左手に刃 右手に鏡

生の間を測りきれ 心気(しんき)よ冴え冴えと
理が機を生み 機が理にかなう
勝(かち)に至る道へ

帰らぬ昨日を憂うよりは
掴めぬ明日を問うよりは
居付かぬ心に近づきたい
世に棲むあいだに
心こそ修め

おのれの願いは 何処へ置き去りにしようかと
正眼に据えた 一口の太刀

かねてよりの想いは 切り落としに込める
月を映す 露が宿れば 心の眼はひらく

帰らぬ昨日を憂うよりは
掴めぬ明日を問うよりは
居付かぬ心に近づきたい
世に棲むあいだに
心こそ修め

かねてよりの想いは 切り落としに込める
月を映す 露が宿れば 心の眼はひらく

帰らぬ昨日を憂うよりは
掴めぬ明日を問うよりは
居付かぬ心に近づきたい
世に棲むあいだに

いずれ巡り来る寂滅の刻(とき)
待っていたかのように迎え
すべてを出し尽くしたそののち
前へと倒れたい
魂を湛へ

RANKING

道蓮(朴路美)の人気動画歌詞ランキング