金色の雨が落ちる
溜息は白く浮かぶ

話し込んでたアカルイミライは
街頭の中
虚ろいでいく

loser
歪んだ心の襞に深く刺さった月
わたしを責めればいい
glaring
錆びつき剥がれた夢が高く積もった夜
わたしを照らせばいい

見上げてる顎のライン
欠け落ちた月のカーヴ

コンクリートのビルの谷間から
君と暮らした街を想った

loser
愉快な大人の群れに重なり合ったまま
汚れていくのだろう
glaring
悴む指を銜えて爪を噛み続けた
君なら叱るのかな

手を伸ばせば届くはずだったのに

loser
歪んだ心の襞に深く刺さった月
わたしを責めればいい
glaring
悴む指を銜えて爪を噛み続けた
わたしを覚えていて