夏空のDreamer

蒼ざめる空の色
とても まぶしくて
ふいに孤独になるの

身じろぎできないほど
日差しが強くなれば
影も深くなるね

夏空の下 Dreamer
ひとりで立ち止まるけれど

悲しいときも
うつむかず 今を見ていて
時間は過ぎてゆくけれど
いつもいつでも 始まりだから

バイパスにあらわれる
逃げ水のように
恋も もどかしいけど

口笛を吹いている
あなたを思い出して
少し笑顔になる

夏空の下 Dreamer
あなたも傷ついていたね

一秒ごとに
新しい世界を見せて
信じることを続けたら
いつか必ず むくわれるから

心のままに
流れゆく 今を見ていて
せつないけれど
ひたむきに 夏を見ていて

一秒ごとに
新しい世界を見せて
季節が永遠(とわ)に巡るように
いつもいつでも 始まりだから