コール

眠れず 窓の外 夜明けを見てた
独りぽっちで名前を 呼び続けてた

生まれた青空は きれいな朝の色
星も闇も どこかへ 静かに消えた

いま叫ぶから
声が聞こえたら すぐ
ここへ来てほしい

微笑みなら きっと 返せるはずだから
贈るものは何にも 持たないけれど

ただ 君の手が
白く暖かい手が 必要さ
いま そばにいて
他の誰でもだめさ
君じゃなきゃだめさ

涙 ぬぐうため
君の暖かい手が 必要さ
いま 叫ぶから
声が聞こえたら すぐ
ここへ来て いま