望郷~斉太郎節

春の便りが来るのも待たず
故郷に残した母親一人
二度か三度の短い電話
花の知らせに夢見ています
泪浮かんだああふるさと…

松島のサーヨー
瑞巌寺ほどの
寺も無いトエー

蝉の泣く声7つの頃の
死んだ親父の面影浮かぶ
花火祭にこの手をひかれ
四十男の一人の酒に
寄せる望郷ああふるさと…

前は海サーヨー
後は山で
小松原トエー

達者な顔こそ何より土産
孫と女房と夜汽車で向かう
秋の香りを帰りは積んで
母のやさしさこの目に刻み
肩のひとつも ああふるさと…