はじまりの予感 ~あなたを見てるから~

船が過ぎてゆく 静かな河を揺らし
波はときめきのように 君をはしゃがせている
伏せめがちな瞳 触れるとこぼれ落ちる
その涙ひとつ 君を抱きしめていたい
あきらめと希望が
行き交う人ごみの都会
変わらぬ風景をたったひとつ焼きつけて

今またはじまりの予感
その笑顔 忘れずにいて
今またはじまりの時間が
永遠は目の前にひろがる
僕を信じて

幼き日の Rainbow 永遠に消えることなく
君の口づけは 夢の灯りともす
平凡と特別で 曇る地下鉄の窓
君の手を握りしめ かけ上がる階段を

今またはじまりの予感
それ以上悲しまないで
今またはじまりの時間が
永遠は目の前にひろがる
君を信じて

壊れかけた空に陽はまた昇る
振り返る都会は変わり果てても

今またはじまりの予感
その笑顔 忘れずにいて
今またはじまりの時間が
永遠は目の前にひろがる
僕を信じて

今またはじまりの予感
それ以上悲しまないで
今またはじまりの時間が
永遠は目の前にひろがる
君を信じて