虹の都

いつも一緒にいたかった
あの日は夢想花のように咲いて散った
季節うつりゆき 景色
変われど浮かぶ面影ひとつ 美しき

都には冬の華咲きおどり そして今
揺れる心には哀しみの深い海 沈みこむ

二人の聖地を求め この目でたしかめる日が来るまでは
先の見えない道程(みち)を 手さぐりで探す虹の都を

明日の行方さえ知れず
空を見上げれば刻む夕暮れが誘う
「これで終わり」とにがい
つぶやきかける黄昏ひとつ 幻の

都には冬の華咲きおどり そして今
揺れる心には哀しみの深い海 沈みこむ

二人の聖地を求め この目でたしかめる日が来るまでは
先の見えない道程(みち)を 手さぐりで探す虹の都を