指環が泣いた

指がちぎれてしまうほど強く
無理に外し 投げた指環

あなたの頬をかすめて消えた
恋の終わり 手短かに響き渡った

真綿にくるまった 嘘がもつれて
思わず口先が 鍵を壊した
耳を確かめてる

あなたの言葉から あなたの言葉から
思いがけぬ Oh ジェラシー

心の傷があなたの胸に 赤く ただ赤く
残るように 演じつづけてた

転がるように響いた名前
風も迷う 部屋の片隅

時間を変えるのが時間なら
恋は恋で変えられるしかなかった

瞳を見つめた時に 嘘がわかって
瞳をそらしたときに 距離がわかった
赤い石が泣いた

あなたの言葉から あなたの言葉から
思いがけぬ Oh ジェラシー

投げた指環が やけに輝く 赤く ただ赤く
ガラス窓を 見つめつづけてた

あなたの言葉から あなたの言葉から
思いがけぬ Oh ジェラシー

心の傷があなたの胸に 赤く ただ赤く
残るように 演じつづけてた