夏の少女

目を覚ましてみると
白い砂は焼けて
まぶしい日ざしと
いたずらな瞳が
僕をまどわす
ほほえむ君の顔が
夏の空に溶けてゆく
おまえは僕のために
生まれてきた様な
なぜかそんな感じ
ララ 夏の少女よ
強く抱きしめて
二人のすべてをここにしるしておこう

暮れゆく浜辺には
君と二人だけ
心のゆくままに
波間に漂よえば
夏も終り
泣いている君の顔が
季節を変えてゆき
冷たい潮風が
熱い胸をぬけて
思い出は涙にゆれる
ララ 夏の少女よ
強く抱きしめて
二人のすべてをここにしるしておこう