クリスマスの夜

手のひらに 舞い降りた
白い雪が 溶けて流れてる
輝きと はかなさが
まるで 去年の二人みたいね

一人の夜を幾つも重ね 時を過ごした
もう二度と輝きをもどせはしないね
ロマンチックな思い出残る 特別な夜
少し 胸が痛むわ

降り続く 妖精が
凍えた街を 白く染めていく
ざわめいた 人ゴミで
私だけが うまく歩けない

今も元気で暮らしていると 空を見上げた
傾いた気持ちを 少しだけ消せずに
どんな時にも 悔やまないでね 胸のキャンドル
ずっと 燃やし続けて

二人の未来信じるように 空を見つめた
元気でね それぞれの 幸せ探して
どんな時にも迷わないでね あなたのままで
ずっと 歩き続けて

二人の未来見守るように 空をうずめて
降りしきれ 思い出も 痛みも消してね
どんな時にも 悔やまないでね 胸のキャンドル
ずっと 燃やし続けて