追憶

愛が消えてしまえば 友達にもなれない
電話さえも かけられず
長い夜が悲しい追憶(おもいで)の糸をたぐり
あなたを まださがしてる
心から出て行って ひとりで眠ることが出来る
あなたに夢の中で もう一度ふれられたら
許してしまう そんな気がして

愛が少しだけでも あなたにあるなら
昨日なんかいらないわ
胸のすき間 涙でうずめてもこぼれ落ちて
あなたをまだ好きでいる
身体から出て行って ぬくもりなんかなくていいの
あなたに夢の中で もう一度抱かれたなら
拒みきれない そんなそんな気がして

あなたに夢の中で もう一度ふれられたら
許してしまう…
許してしまう そんなそんな気がして