ペリーヌものがたり

ルンルン ルルル ルンルン
ルンルン ルルル ルンルン
春のかぜが やさしく
やさしく ほほをなでる
さあ泣くのはおよし ペリーヌ
いつもの笑顔がもどったら
きぼうの土地をめざして
あるきだそう あるきだそう
だけど 道はとおいよ ペリーヌ

ルンルン ルルル ルンルン
ルンルン ルルル ルンルン
秋のよるは あかるく
あかるく 空がひかる
さあみあげてごらん ペリーヌ
ひとりでくじけず いきてきた
おまえをみまもる星が
つよくかがやく つよくかがやく
ほうら 幸福はすぐに ペリーヌ

ルンルン ルルル ルンルン
ルンルン ルルル ルンルン
冬のかぜが はげしく
はげしく 窓をゆらす
もうこわくはないよ ぺリーヌ
やさしい人たちが あたたかく
うでのなかに だきしめて
まもってくれる まもってくれる
そうら 幸福がここに ペリーヌ