あいつ

雪の中一人の男が 山に帰っていった
ただそれだけの話じゃないか
あわただしい季節の中で
花束投げた あの娘の言葉が
こだまして帰ってくるけど
雪どけ水の音に消されて
また静けさがおとずれる

だからもう忘れちまえよ あんなやつのことは
こんなかわいい人を残して 一人でゆくなんて
あいつがたとえ 想い出ひとつ
何も残さなかったのは
あいつにすれば 精一杯の
愛だったんだね

春が来たら 去年と同じように
また山でむかえよう
それまでにきっとあいつの 得意だった
歌をおぼえているから

………