草原にソファを置いて

心の中の階段を上がってみた
ドアを開けたら草原だった

春の花畑には 菜の花があるように
僕の中には 僕があった

いつからこんな気持ちになれたんだろう

「君も負けるな頑張れ」なんて決まりの言葉は
ときに嵐でひとりぼっちにさせた

空色の草原に 僕はソファを置いて
どうでもいいことやあやふやなことに吹かれたい

でこぼこのくせに丸い顔する地球の
明日にさしたシャベルを 抜いてあげたい

いつまでも僕は ロマンチック馬鹿でいよう

結局一番遠かったのは自分の心さ
途方に暮れて立ち止まっても認めない

空色の草原に 僕はソファを置いて
いろんな道順のパズルを組み替えて遊びたい

僕はときどき寂しかったけど
ああ 大人になるともっともっと寂しかった

結局一番遠かったのは自分の心さ
途方に暮れて立ち止まっても認めない

空色の草原に 僕はソファを置いて
どうでもいいことやあやふやなことに吹かれたい

空色の草原に 僕はソファを置いて
どうでもいいことやあやふやなことに吹かれたい