affection

雨が窓をたたく 想い出だらけの部屋
甘く静かに過ぎる夜
どれくらい時が流れたのかな?
君と初めて手を繋いだ日から

忘れないでね こんな広い世界で探しあえた事を

降る雨が頬を伝う時さえも
何度でもスキと言わせて
切なさが言葉にできないそんな夜は
眠るまで抱きしめていて

背中にまわした手のぬくもり
自然に抱きしめて そう言えた夜

夢から覚めた時の現実さえ 愛しく思えたの

幸せに限りはないと信じて
昨日より優しくいたい
唇が乾く前にまたキスをして
不安なら抱きしめ合おう

本当の心は弱くて くだらないことで涙流す日もある
絡み合う指の運命で涙をふいて

ねぇ 約束はしないでいて
必要と思いあえたら
言葉より確かなモノを見つけたから
その胸に未来をつめて…