マイルストーン

ぼくらはどこに忘れてきたんだろう つよく愛するそのちからを

ねえ どうしてなんだろう 声が枯れるまで呼び続けられたのは
ねえ どうしてなんだろう 手探りの中でそれでも行けたのは

きみがあいまいに微笑む ぼくはただ空を見上げてる
色褪せ始めた町に 最後の冬が 近付いている

ぼくらはどこに忘れてきたんだろう つよく愛するそのちからを
ぼくらがあの日願った明日は 思いはどこへ続くのだろう

でも どうしてなんだろう 目に映る眺めは そう悪くはないんだ
ねえ どうしてなんだろう いつの頃からか ふつうに歩いてた

初めて名前呼んだあの日 まだ触れていたかった両手
束ねた二人のカケラ 追い越して行く 刻まれて行く

ぼくらがぼくらを始めた町に 去年と同じ風が吹いてる
そうしてぼくは歩いて行くんだろう 失いながら 叶えながら

なんでも出来ると思っていた どこでも行けると思っていた
思っていた…