A Day He Was Born

あれから結局 なんだかんだしてて
年も越してしまった
発泡スチロール まきちらしたみたいな
初雪がうねってる

そういや もう 二月 最初の日曜
そうだ 今日は 世界で 一人だけの あなたが生まれた日だったんだ

誰もがあなたを きっと好きになる
見た目も 話し方も
だから よけいに 斜めから見たくなる
目をそらしたくなってた

それにしても なんて よく降る雪
だって 今日は 世界で 一人だけの あなたが生まれた日なんだから

あー なんか急にわかってきた
今 たまたま思い出したような 言い訳して
「初めまして」って言った あの日から
いつも ぼんやり考えてたこと

私はといえば あいかわらずボーッと
お茶したりの毎日ですが
今 何をしてますか だれといますか
わたしを思い出しますか

などと などと 電話してみよう

だって 今日は 世界で 一人だけの あなたが生まれた日なんだから
今日は 世界で 一人だけの あなたが生まれた日なんだから