荒野

その時俺は夢の中 道は空へゆれていた
風は向きを変えながら 俺の顔色を見る
風よおまえに抱かれて 空から見おろせば
顔をゆがませ歯をくいしばる 俺が歩いてた

渇いた口に 叫ぶことばは
大地のざわめきに 消えるけど
ひたむきに 燃えながら

いつしか俺は砂塵の中 ひとり荒野をめざしてた
何処かで誰かが俺を呼ぶ
― 静かな生活に戻れ!― と
夢を斬る深い嵐 俺をつつんでも
少しだけ身をふるわせ 睨みつけて歩こうか

果てしなく続く 長い人生(たび)で
幾つかの悲しみ 置き忘れても
ひたむきに 燃えながら
果てしなく続く 長い人生で
幾つかの悲しみ 置き忘れても