始発駅

朝もやに包まれて まだ眠ってる
夜明けのホームに ベルが鳴ります
あなたが愛した この都会(まち)を
ひとりはなれて 北へゆくのよ
夢をたゝんだ ボストンバッグ
さげて旅だつ…
始発列車の 始発駅

恋をすて過去をすて 涙もすてた
きっぷが一枚 遠い旅路(みち)です
いまさら行くなと あのひとが
こゝへ馳けこむ わけもないけど
赤い服着て 窓辺に座る
なぜかせつない…
始発列車の 始発駅

肌ざむいビルの空 羽ばたく鳩よ
わたしも明日へ ひとりだちです
おんなと言う名の 人生の
地図を抱きしめ 揺れて揺られて
春の架け橋 線路の彼方
靄(もや)がほどける…
始発列車の 始発駅