Sweet frozen kiss

溜め息が白く浮かぶ季節は
傍に居たなら 離れられなくて

きっと二人はいつも
愛しさが募るほど孤独を感じた
だけど私以外で涙を流せるなら
貴方のこと認めない

唇を重ねあわすほどに
もう二度とはぐれないように

降り積もる雪も触れてしまえば
熱を奪って 刹那に変わるの

哀しみはいずれ消えて無くなって
思い出が色褪せるように

きっと二人にだって
どこかでありきたりの別れが来る、かな
だけど私無しでも歩いて行けるのなら
貴方のこと許せない

唇を重ねあわすほどに
何度でも確かめるように
確かめ合うように

もし永遠なんて言葉さえ知らなければ ずっと
叶わない温もりを抱いて 眠る夜もなかった…

いつか世界が全て私を忘れ去っても
貫方だけは許さない

心まで重ねあわすほどに
もう一度確かめるように
確かめ合うように
願いを込めるように。