夢のつづき

夢のつづきはこもれ陽
静かなあなたの瞳
遠くでピアノが聴こえてる

青い手帖にはさんだ
真夏のふたりの写真
やさしい気持ちが 風になる時

あなたがいるから
いつもあたたかいから
大切なことがよくわかる

夕暮れ思い出
記念の指輪捜した
あなたに似合った それだけで

あの日そろいの帽子は
どんな街角にいても
ひとつに広がる空を知っていた

あなたがいるから
今でもまぶしいから
さみしかった日々も忘れてく

あなたがいるから
いつもあたたかいから
何より優しく暮したい

どれほど季節が
どれほど巡りきても
楽しかった日々を忘れない