ブラック・マリヤ

ねぇ ブラック・マリヤ
言葉もくれない
ねぇ ブラック・マリヤ
懺悔も聞かない

タバコを上手く巻いてくれる
あの娘の背中には
黒く彫られたマリヤが
ただ手を広げている
花から花へと飛んでく
まるで蝶々のように
目の前に現われてきて
光をくれたんだ

ねぇ ブラック・マリヤ
言葉もくれない
ねぇ ブラック・マリヤ
懺悔も聞かない
ねぇ ブラック・マリヤ
一つだけお願い
ねぇ ブラック・マリヤ
手を差し伸べて

ねぇ ブラック・マリヤ
ねぇ ブラック・マリヤ
ねぇ ブラック・マリヤ
(ねぇ ブラック・マリヤ)

その瞳 その耳 その唇
とても神秘的で
アール・ヌーヴォな仕草で
皆を魅了してる
あの娘がくれた
十字架を握 り 祈っても
明日からの約束すら
あてにはならない

ねぇ ブラック・マリヤ
別に気にしない
ねぇ ブラック・マリヤ
愛もいらない
ねぇ ブラック・マリヤ
一つだけお願い
ねぇ ブラック・マリヤ
手を差し伸べて

ねぇ ブラック・マリヤ
ねぇ ブラック・マリヤ
ねぇ ブラック・マリヤ
ねぇ ブラック・マリヤ

マザー マグダラ
それとも悪魔なの
哀しい気分にさせては
すぐに癒してくれる
光を照らして
誰かをその気にさせては
気まぐれマリヤはいつしか
もう戻らない

ねぇ ブラック・マリヤ
別に気にしない
ねぇ ブラック・マリヤ
愛もいらない
ねぇ ブラック・マリヤ
一つだけお願い
ねぇ ブラック・マリヤ
手を差し伸べて

ねぇ ブラック・マリヤ
ねぇ ブラック・マリヤ
ねぇ ブラック・マリヤ
ブラック・マリヤ
ブラック・マリヤ ねぇ
ブラック・マリヤ