川べりの家

大人になってゆくほど 涙がよく出てしまうのは
1人で生きて行けるからだと信じて止まない

それでも淋しいのも知ってるから
あたたかい場所へ行こうよ

川のせせらぎが聞こえる家を借りて耳をすまし
その静けさや激しさを覚えてゆく
歌は水に溶けてゆき そこだけ水色
幸せを守るのではなく 分けてあげる

なるべく大きくて なるべくりっぱな水槽を
自転車で買いに行き はなしてやろう

なんて奇跡の色を持っているの
キラキラ揺らめいてる

水溜まりに映っている ボクの家は青く透け
指でいくらかき混ぜても もどってくる
とても儚ないものだから 大切にして

一瞬しかない