Tattoo

お前の声を浴びせてよ
からだに声を浴びせてよ

口には出せないことをしよう

何処かに溝を掘ってるようだ
印を刻みつけてるようだ

導火線にダンスを許した

毛布代わりで抱いた女の 肌を消しながら
滲み合っては広がって行く ふたつの景色は
tattoo…
tattoo…

お前が俺を欲しがった
そして推理に欲望 重ねながら倒した

騒ぎと匂いの中で

ブーツの中の小石のような 過去を捨てながら
絡み合っては残されて行く 痛みもありそうな
tattoo…
tattoo…

毛布代わりで抱いた女の 肌を消しながら
滲み合っては広がって行く ふたつの景色は
tattoo…
tattoo…

tattoo…
tattoo…