野性の風

ちょうど破り取られた チケットの文字のように
思い出はもう何も 約束はしないけど
逢うたび変わってた 記憶のスケッチ消さない

最後までそばにいて守れないの
めぐり来る悲しみがわかってても

ほほえんでさよならが言えないから
いつの日か ひとりきり行くのなら
野生の風吹く日に 今のすべてを捨てて
今のすべてを捨てて

放り投げた林檎を 追いかける白い靴
くせのない走りかた それさえも忘れない
「ゴメン…」と言ったのね 背中でフルート聴くように

坂道にあなただけ小さくなる
泣かないで 夕暮れに手をあげて
野生の風みたいに 強い心が欲しい
強い心が欲しい

最後まで見つめたいの
めぐり来る悲しみがわかってても

I stand in the wind
The wind in your heart
That blows forever more
泣かないで 夕暮れに手をあげて
最後まで…