俺は淋しいんだ

赤い灯 青い灯 ともる街角に
あの娘を捨てて 俺はゆく
さようなら さようなら 俺は淋しいんだ
あの娘と別れて ひとり旅へゆく

見返る あの街 星も泣いている
まぶたもいつか 熱くなる
さようなら さようなら 俺は淋しいんだ
夜風に可愛や 声がきこえくる

あの娘の瞳も 忘れられないに
手紙を残し またの旅
さようなら さようなら 俺は淋しいんだ
男のさだめさ ひとり旅へゆく