天竜しぶき笠

思い溢れて 来はしたが
思い残して また行くさだめ
天竜、天竜、天竜よお前は何(なん)にも言わず
ヨーイトホイー
辛い別れを 押し流す

みどり恋しい 山々や
惚れたあの娘に なぜ背を向ける
男、男、男の泪が磧(かわら)の砂に
ヨーイトホイー
落ちて滲んだ 宵月夜

誰も知らない それでよい
嫌な渡世の 仁義のかけら
天竜、天竜、天竜を下ればしぶきか雨か
ヨーイトホイー
笠がぬれるよ 身もぬれる