江釣子のおんな

雨がね 雪がね 肩にふりかかる
わたしは よわくて だめになりそうよ
ひとり今夜も 北上駅で
遅い列車を 待ちました
泣かせないでよ 去りゆく汽笛
あんた あんた あんた恋しい
江釣子のおんな

君はね 初でね いまのままがいい
うすめの化粧を ほめてくれた男
なんで替えましょ この口紅を
替えりゃあんたに 嫌われる
それがあの日の 約束だから
わたし わたし わたしみちのく
江釣子のおんな

チャグチャグ馬コの あの鈴の音が
夢に騒いで 眠れない
一と夜 一と夜が 千夜の想い
あんた あんた あんた待ってる
江釣子のおんな