夜汽車は南へ

愁いを残して夜汽車は南へ走る
時の流れとすれ違うように走る
静けさが今 友達なら
黙って窓にもたれよう
どこかで目覚めたばかりの
赤ん坊の声がよく響く
そのけたたましいほどの泣き声を
誰も憎むことはできない
ああ 人生がくり返すものなら
またいつか君に出逢うだろう

走りゆく列車の網棚の上に置かれた
誰にもなじみの菓子箱がひとつゆれてる
その帰りを待つ人々達
そして帰ってゆく人
ひとりの人生は
いくつかの絆で結ばれている
その美しすぎるほどの絆を
ほどきながら汽車はゆく
ああ 遠ざかるほど君は近づく
ぼくの心のレールを走って