突然さよなら

どこまでいくのだろう こわれた僕の心
誰かにすがりつきたいが 同じことだろう

君のことを信じて 僕は頑張ったのさ
けれど 君は何も言わないで 突然さよならさ

君は僕の何が 本当は欲しかったのかい
朝日のような夕陽を 僕は見ていた

Lalala…

夢ならさめてみたい 冷たい風をもっと
やさしい言葉はいらないさ 僕はゆくさ