春の雪

ついて行けないわたしの過去を
許してほしいと路地で泣く
抱けばそのままこの手にとける
そんなおまえの肩先に
春とは名ばかり
雪が舞う 雪が舞う

旅の途中のさびれた町で
見つけたおまえは 風の花
ふれたグラスのさびしい音が
どこか似たよなおれたちの
胸にこぼれて
咲いた夢 咲いた夢

右の目尻に とまった涙
不幸なじみの 泣きぼくろ
つれてゆきたい おまえをひとり
俺の旅路のその果てに
春とは名ばかり
雪が舞う 雪が舞う

春とは名ばかり
雪が舞う